ルーレット攻略は存在するのか

300年以上もの歴史において世界中の多くの人々を魅惑してきたルーレットは、人気カジノゲームの中でも一二を争うほどの大人気ゲームで、クイーン・オブ・カジノ(カジノの女王)とも呼ばれ、数多くのカジノやオンラインカジノでも提供されており(もちろんモンカジカジノでも絶賛提供中!)、カジノをよく知らない方でも一度はきっと耳にしたことがあるでしょう。フランス語で小さな輪を意味するルーレットは、回っているホイール(円盤)にディーラーがボールを入れて、そのボールが落ちる場所の数字などを当てていくという、大変シンプルなゲームでなんとなく運で勝敗を左右するゲームのように感じ、ルーレット 攻略 法なんてあるのかと疑問に思う人も少なくないかと思います。

確かに運はもちろん必要かもしれませんが、それ以外に ルーレット 攻略 法と言われる物が多く存在し、他のゲームには不可能なほどの勝率を叩き出すことができるんです。いつもとちょっと賭け方を変えてみることで勝率を上げることができたりと、ルーレットに慣れ親しんでないような初心者の方でも簡単に実践できる攻略法もあるようです。上級者の方ともなれば、ちょっと難しい ルーレット 攻略 法も扱えるようになったりするようです。

ルーレット攻略法の種類

連勝することで利益が出るものや1回のみの勝利で利益が出やすくなる方法など、ルーレット 攻略 には、いくつもの種類があるようです。

一般的に有名な ルーレット 攻略 法は、「モンテカルロ法」「ココモ法」「シフトベット法」「フラワーベット法」「ベアビック法」「マンシュリアン法」「2コラム、2ダズン法」「2/3ベット法」などがあります。その時の自分のプレイ状況に応じて、そのラウンドに合ったルーレット 攻略法を見つけて使いこなせるようになると、さらに勝率はアップするのではないでしょうか。

もちろんルーレット 攻略法を使ったからといって必ずしも勝てるということはなく、ルーレットには運もつきものであることを忘れずにプレイをすることも大事です。オンラインカジノのルーレットで勝率をあげるためには、ただ単にルーレット 攻略法を使うだけでは厳しいものがあり、どんなに便利な攻略法でも使い方を間違えてしまえば、結果的に失敗で終わってしまい損失額を増やしかねないのでよく攻略法のルールややり方を把握してから使うのが重要となります。

ルーレット攻略<モンテカルロ法>

ルーレット 攻略 法として最も有名なのが モンテカルロ法(以前はランダム法とも呼ばれていた)ではないでしょうか。乱数を使ったシミュレーションや数値計算のことを言い、ベットの結果によってあらかじめ定めたルール通りにベット額を変えていきます。ベット額を紙に書いて、その金額や勝敗により数字を書いたり消したりしながらゲームを進めていく方法です。バカラの罫線と同じようにメモを取る必要があるので、本場カジノ でモンテカルロ法を使用するのは厳しいと言われています。

モンテカルロ法 は、オンラインカジノのルーレットで言う赤黒ベット、奇数偶数ベット、ハイローベットの2倍配当とダズン賭けと3倍配当のカラム賭けで使えるシステムベット方法で、2倍の配当で使えるモンテカルロ法は2in1法(ツーインワン法)とも呼ばれています。

ルーレット 攻略 法のモンテカルロ法の基本的な始め方ですが、最初に用紙に3つの数字1・2・3を書きます。この数字は、例えば1回目のゲームで負けたら1・2・3・4、2回目のゲームでも負けたら1・2・3・4・5、3回目のゲームでも負けたら1・2・3・4・5・6と言うように、負けたら数字をどんどん増やしていき、一度勝った時点でまた3つの数字1・2・3から始めるというやり方は大変シンプルなものです。

ダズン賭けかコラム賭けのいずれかに賭ける、3倍配当の方法で使う場合のやり方を説明します。

1回目のゲームは、1・2・3の数字が用紙にあり、最初と最後の数字である1と3を足した4ドルがベット額となります。この1回目のゲームで負けたとします。ベットで使った4ドルは没収され、紙に書いてある数字の一番最後に賭けに使った額の数字4を追加します。よって用紙には1・2・3・4の4つの数字がある状態になります。

2回目のゲームを開始する時点で用紙にある数字は1・2・3・4となります。よって1回目のゲーム同様に最初と最後にある数字の1と4を足した5ドルがベット額となります。この時注意しないといけないのは、賭ける場所は1回目のゲームと必ず同じ場所ということです。一度賭ける場所を決めたら、最初から最後まで同じ場所にかけていくのがルールです。ベット額は先出の通り変更していきます。そしてこの2回目のゲームも負けたとします。ベット額として使った5ドルは没収され、紙に書いてある数字の一番最後に賭けた額の数字である5を追加します。よってこの時点で用紙には1・2・3・4・5の5つの数字が書かれています。

3回目のゲームを開始する時点で用紙にある数字は1・2・3・4・5となります。1回目と2回目のゲーム同様最初と最後にある数字を足した数をベット額として賭けるのでこの3回目のゲームは1と5を足した6ドルで1回目と2回目のゲームと同じ場所に賭けていきます。この3回目のゲームで、当たったとします。勝利金として18ドルを獲得し、当たった時は用紙にある数列の一番最初と一番最後にある数字を2つずつ消していくので、この時点での用紙にある数字は3となります。

モンテカルロ法は用紙にある数字を全消しした時と数字が1つだけになった時に一旦終了となり、まだ引き続きモンテカルロ法を使い続けたい場合は、再度1・2・3の基本の3つの数字を新たに用紙に書いて、上記の1ゲーム目からの流れを繰り返していきます。

上記の例の3回目のゲームで当たらずに負けていた場合は、3回目のゲームのベット額6ドルの数字6を追加して、4回目のゲーム開始時点で用紙にある数字は1・2・3・4・5・6となります。ベット額は1と6を足した7ドルで、また同じ場所に賭けていきます。この4回目のゲームで当たったとします。勝った時に両端の数字を2つずつ消すのがルールなので、1と2と5と6を消して3と4が用紙に残ることになります。よって、5回目のゲームはこの3と4を足した7ドルをベット額として賭けていきます。この5回目のゲームで負けたとしたら、ベットがくの数字を数列の一番最後に追加するので、用紙には3・4・7の数列が出来上がり、6回目のゲームのベット額は一番最初と一番最後の数字である3と7を足した10ドルとなり、数字が1つか全てなくなるまでこの方法を続けていきます。

赤黒ベット、奇数偶数ベット、ハイローベットといった2倍配当の賭けでモンテカルロ法を使う場合は、負けたときは3倍配当の時と同じく数列の最後に直前のゲームでのベット額と同じ数字を追加していきますが、勝利した時は3倍配当の時と違い、その時用紙にある数字の列の一番最初と一番最後にある数字を1つずつ消していきます。よって勝った時に削除する数字の数が2つから1つだけに変更すれば、あとは3倍配当の賭け方で使うモンテカルロ法とやり方は全く同じになります。

ルーレット 攻略 法であるココモ法は、直近2回のゲームでのベット額の合計で賭けていく攻略法で、連敗すればベット額は増えますが、一度勝つとその時の利益も大きくなります。ココモ法は前々回のベット額と前回のベット額を足した数字がベット額となり使用開始ができるので、ゲーム開始から2連敗後に使用が開始します。

例えば1ドルをベット額としてゲームを始めて1回目と2回目のゲームで連敗したとします。この場合3回目のゲームのベット額を決める時にココモ法を使い、ベット額は前々回のベット額+前回のベット額となるので3回目のゲームは2ドルとなります。この3回目のゲームも負けたとすると、4回目のゲームのベット額は前々回のベット額1ドルと前回のベット額2ドルを足して3ドルとなります。このように続けていき、6回目のゲームで勝ったとします。そうすると勝利金はベット額8ドルの2倍である16ドルとなるので、1~5回目のゲームまでの合計損失額12ドルを全て取り戻しさらに利益4ドルも獲得でき、負けが続けば続くほど勝った時の利益が大きくなります。ベット額の増え方も緩やかですが、

オンラインカジノのライブカジノやテーブルゲームであるルーレットのテーブルにはベット額の最大ベット額が決まっていることが多いので、上限を超えてしまうことがあります。

シフトベット法は、ルーレットのホイール(円盤)を使って行うルーレット 攻略です。基本的なやり方は、ルーレットのホイールを4等分にして、その4つごとのエリアの数字全てにストレートベットを行っていきます。勝てば短時間で利益を得ることができますが、チップの配置を覚える必要があり、傾向がつかめないと効果があまり発揮されないので、初心者の方にはあまりお勧めできないルーレット 攻略です。

フラワーベット法は、コーナーベット・スプリットベット・ストレートアップを組み合わせた最大144倍の配当を期待できるルーレット 攻略法で、まず最初に大本命の数字にチップを1枚置き、そのチップを取り囲むように8枚のチップを置いて賭けるだけです。一番最初にチップを置いた大本命の数字が当たれば、配当144倍が獲得でき、最低でも9倍の配当がもらえますが、勝率は約24.3%とそれほど高くありません。

ベアビック法とは、35個の数字に1単位ずつベットするルーレット 攻略法で、勝率は37分の35と94.5%の高確率で当たりますが、負けた時の損失額が大きいのと、本場カジノだとチップを置く時間がないというのがデメリットです。

ルーレット攻略<マンシュリアン法>

マンシュリアン法は1箇所のベットで4つの数字をカバーできるコーナーベットを使用するルーレット 攻略法で、負けるごとに新たなコーナーベットエリアを増やしていきます。まずは好きなエリアにコーナーベットをし、負けたら最初に賭けたエリアに加えて、また新たにエリアを増やしてコーナーベットをします。またさらに負けたら新たに2つのユニット数をコーナーベットしていきますが、8箇所以上のコーナーベットはできないので、そこで終了です。ゲームを重ねるほどに勝率は上がりますが、5連敗すると損益がマイナスとなるのが確定してしまいます。

ルーレット 攻略 <2コラム・2ダズン法>

2コラム・2ダズン法は、コラムベットとダズンベットを組み合わせたルーレット 攻略法で、合計4箇所に同じ額をベットしていきます。勝率は約84-86%と高めで、負けは自動的に少なくなり、大負けすることもありませんが、連勝続きでも損失が出ることがあるのがネックです。

ルーレット攻略<2/3ベット法>

2/3ベット法とはコラムベットとダズンベットのいずれかを使用するルーレット攻略法で、空回しと言われるチップをかけないでルーレットがどこに入るのか観察するという方法を使用します。まずはベットせずに数回空回しをして、3カ所(ダズンベットかコラムベット)のうち1カ所に3回連続で入るまで空回しを繰り返し、空回しで選ばれたエリアではない残りのベットエリアに1単位ずつ賭けます。ルーレット攻略法の中でも極めて勝率が高く、少ない資金でも使用できますが、短期的に連敗が続くと損失の回収に時間がかかり、さらに本場のカジノでは空回しは禁止されていることが多いです。